医療脱毛とエステ脱毛との違いについて教えてください。

医療脱毛とエステ脱毛の違いは、脱毛方式の違い、そして効果が出るまでの期間などです。
医療機関で行われる医療脱毛の方法は、現在医療レーザー脱毛と呼ばれる方式が主流となっています。
これはムダ毛の色素に反応して毛根に熱のダメージを与え、毛母細胞を破壊することでムダ毛を再生しないように抑制して脱毛効果を得るという方法です。
医療脱毛で使用される機器は出力が高く、それゆえ医療行為と見なされており、施術を行うのは特別な資格を持った医師または看護師のみに限定されます。
完全にムダ毛がなくなるまでにかかる施術回数と期間は、腕やワキといった部位であれば5~8回程度、合計1年前後必要となります。
効果が出るまでが早く、また効果の持続期間が長いという点は医療脱毛のメリットと言うことができます。
一方のエステ脱毛は、光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛方式が主流となっています。
これは医療レーザー脱毛とメカニズムとしてはほぼ同じものなのですが、機器の出力が医療脱毛に比べて低く、それゆえ効果の現れ方が多少緩やかであるという特徴があります。
完全にムダ毛がなくなるまでには10回前後の施術が必要とされ、合計期間は1年半以上かかる場合もあります。
医療行為ではないため施術を行う者が特殊な資格を取得する必要はありませんが、各エステサロンにおいて研修制度やそれに沿った独自の技術試験を設けているという場合もあります。
エステ脱毛のメリットとしては、出力が低めであるため施術時に感じる痛みが少なくなるということが挙げられます。

http://www.weatherfrankfurt.com/